命の大切さは身をもって学ぶ|最終手段の中絶手術

医者

身体と心のケアが大切

女性

人によって理由は異なりますが、中絶は胎児の意志を無視して命を奪うことになりますので余程の覚悟や事情がない限りは出来るだけ避けましょう。中絶する前に、望まない方はしっかりと避妊するなり対処をしておくべきと言えます。

読んでみよう

決断は早めにしよう

女性

人工中絶の場合は基本的に保険が効きませんから、全額実費になるので高額な費用が掛かることが多いでしょう。比較的12週までなら簡単な処置で済むことが多いので、早めの決断も必要になってきます。

読んでみよう

胎児の命

医者

人工中絶か自然中絶かによっても扱いが変わってきますし、金銭的負担も異なってきます。人工中絶の場合は保険も適応しないので注意が必要です。12週までは日帰りでも可能なものとなっています。

読んでみよう

大きな問題である

女性が安心して中絶手術を受けられるクリニックは、コチラが評判高いです。実績豊富なので、高い施術力が魅力の一つです。

今後も増える

医者

望まない妊娠を防ぐためには避妊をするのが一番良い方法ですが、そのやり方を間違えてしまい妊娠してしまうことがあります。また強姦などの性犯罪の被害に遭ってしまったら避妊をする余裕などないので、どうすることも出来ない場合もあるのです。そのような場合には中絶手術をすることになりますが、最近では日帰りで行うことができるので忙しい人でも簡単に受けることができます。但し中絶手術は母体保護法指定医のみが行うことが許されていて、それ以外の医師は行うことができないのでその点についてはよく知っておいた方が良いです。また中絶手術を受ける病院がしっかりとした施設を整えているかどうかを予め確認しておくことも大切です。日本では妊娠した女性の約4人に1人が中絶手術を受けていると言われており、今後もその数は増えることが予想されています。

よく相談した方が良い

中絶手術の方法は大きく分けてソウハ法と吸引法がありますが危険度に大きな差はないです。ただ日本では吸引法よりもソウハ法を行っている病院が多いのですが、その理由としてはソウハ法の方が感染症等を防ぐことができる点を挙げることができます。ソウハ法は特殊な器具を用いて子宮内容物をかき出しますが、吸引法は金属棒を子宮内に入れて吸引をかけることで吸い出すという形をとります。そのため特殊な器具は使い終わったら洗浄することができますが、吸引法で使用した金属棒は完全に洗浄することができない恐れもあるのです。そのような理由から約90%以上の医師がソウハ法を採用しています。このような手術法に関しては事前に医師から伝えられることが多いですが、不安に思ったらそれについてよく聞いてみるのが良いです。